夜の女王

12月に作ったマルセイユ石鹸が残りわずかになってきたので、今度は初めてエッセンシヤルオイル入りのマルセイユに挑戦してみました。「お風呂の愉しみ」から「夜の女王」という名前のレシピです。普通のマルセイユ石鹸のタネを型に流しいれる直前に、イランイラン、レモングラス、ベンゾインを加えてよく混ぜるだけです。
a0042393_20172778.jpg
マルセイユ石鹸の基本的作り方は・・・
①苛性ソーダ83g,を精製水250ccに溶かします。(取り扱い注意!)温度計をいれておき38度から40度まで冷まします。
②オリーブ油500cc(458g),バーム油溶かして70cc(64g),ココナッツ油溶かして120cc(112g)をボールに入れます。これも湯煎にかけるなどして、38度から40度にします。
③両方温度がそろったら、②のボールに①の水溶液をゆっくりと注ぎます。
④最低20分は混ぜつづけます。
⑤あとは、1,2時間ごとに様子を見ながらかき混ぜけん化を待ちます。
⑥写真のようにカスタード状になり、絵がけるくらいになったら型にいれます。10時間から24時間。型は、レシピとおり牛乳パック2個で作っています。タコ糸で形を整えます。
a0042393_20351521.jpg
⑦発砲スチロール、もしくはダンボールに毛布をかけたもの等で温かく保存し、一日たったら取り出します。
⑧型から取り出せるくらいに固まったら(3日くらい)手袋をして、カッターなどで型を切り開き取り出します。
⑨型だしの日から1,2日たったら、8つくらいに切ります。
⑩乾燥した涼しい場所で型入れの日から4週間熟成させれば、できあがり。

「お風呂の愉しみ」のレシピを、簡単に紹介しました。本当に作ろうと思われる方は、ちゃんと本を読んで下さいね。

思ったよりも簡単にできるのですが、私が面倒だなと思うことは、分量を正確に測る事と、温度を調整する時かなあ。あとは。小さい子供、ペットが一見美味しそうにみえる石鹸のタネにさわったり、食べたりしないようにすることですね。これは、環境によっては難しいですよね。

この熟成を待つ間が楽しみです。いい香りがしています♪
[PR]

by looktothisday | 2006-03-09 20:51 | 手作り