人気ブログランキング |

サンタクロースっているんでしょうか

今夜はクリマスイブ。明日甥っ子達とクリスマスパーテイの予定なので、今日は家族だけでケーキを食べたり、ちょっとクリスマスっぽいメニュの夕食を楽しもうと思う。フィギュアもみなくちゃ!

クリスマスといえばサタクロース。そして忘れられないのがこの本。「サンタクロースっているんでしょうか」有名なので知ってる方も多いと思うけど。子供がまだ小さかった時、ちょうどサンタクロースってほんとは、いないんじゃないかと考え始める頃、(うちは小学校低学年くらいだったと思う。)この本をみつけて読んであげた。子供のために買って、読んであげていたのに、なんと私の方がぽろぽろ涙がこぼれて・・・内容は19世紀の終わりにニューヨークに住むヴァージニアという女の子が「サンタクロースっているんでしょうか」という手紙を新聞社に送り、そこの記者だったチャーチ氏が社説で返事を書いたもの。

私自身が答えをいただいたような気がして・・・

「そうです、ヴァージニア。サンタクロースがいるというのは、けっしてうそではありません。この世の中に、愛や人への思いやりや、まごころがあるのとおなじように、サンタクロースはたしかにいるのです。・・・・・・この世でいちばんたしかなこと、それは子供の目にも、おとなの目にも、見えないものなのですから。・・・・この世の中にあるみえないもの、みることができないものが、なにからなにまで、人があたまのなかでつくりだし、そうぞうしたものだなどということは、けっしてないのです。・・・」

「見えないものは信じない。」そう話す人もいた。でも、この世で一番大事なものは、目にみえないじゃないの?こんな単純なことなに、その時まで気づかなかった。私が色々考えていたサンタクロースの説明は、子供たちにはもういらなかった。この本で十分!

ヴァージニアがその後どんな人生を送ったか・・・「サンタの友だちバージニア」という本もでていて、これは長女のお気にいり。子供たちにも見えないけれど真実のものを信じられる人になってもらいたい・・・

みなさん、楽しいクリスマスを!
a0042393_13453879.jpg

by looktothisday | 2005-12-24 13:45 | 子育て