人気ブログランキング |

ワイス博士の過去世退行瞑想

ヨガを再開してヨガ関係の方々のブログを読ませていただくようになって、再びブライアン・ワイス著「前世療法」のこと思い出した。もう10年以上まえに読んだ本でタイトルが怪しいと思いながらも、ずい分影響された1冊である。先月「チャクラ・ヒーリング」に出会い、「エンジェル・オラクルカード」を探して書店をさ迷っていた時、みつけたのがこのCD「ワイス博士の過去世退行瞑想」2枚組みで1枚目が「過去世へのいざない」2枚目が「朝の10分瞑想」 「夜の10分瞑想」
「チャクラの瞑想」 「天使の瞑想」という構成。

まっさきに過去世へのいざないを試してみた。よくテレビであってる催眠みたいな感じになるのかな・・・語りはワイス博士や他の精神世界ものの翻訳で有名な山川亜希子さん。なかなか上手。で、近い過去からすこしずつさかのぼっていく・・・少し前に楽しんだ食事の内容とか。。ね。
やがてついに母体での記憶までさかのぼっていくのだけど、信じてもらえないかもしれないけど、はっきりと蘇った!私はそこが居心地がいいものだから生まれたくない・・・そして聞こえてきた声。おばちゃん風の感じで「いよいよだねえ。でていかなくちゃ、そろそろ」なんとなつかしい記憶なんだろう。私を産むとき母は微弱陣痛で何日かかって、やっと出産したらしい。仕方なかったね、私は生まれたくなかったんだもの(笑)私が今まで一番古い記憶だと思っていたのは、温かい縁側に沐浴のために運ばれる金たらい・・・まさか自分用のではないと思うので1歳8ヶ月違いの妹の時のだと思う。が、いまやもっと前のを思い出した。そう、この記憶は幼い頃はよく思い出していた気がする。過去世を思い出せなくてもこれだけでも嬉しい。

過去世へは以前almaraiさんに教えていただいたのと、ほとんど同じ方法で退行していく。今回も裸足の少女、麦畑から始まる。で、今世でも出会っているソウルメイトにそこで出会った。すぐにわかった、やっぱりね、という感じ。今回はそのときの臨終の時にも飛べた。娘が悲しそうに側にいる・・・この人は誰なんだろう・・・と思うところで目が覚めた・・・というかCDの声に誘導されて、ちゃんともとの場所にグランデイング。眠っていたような感じだった。とっても平和な気持ち。不思議なな体験だった。

ヒプノセラピーは受けた事ないけど、いつか機会があったら体験してみたい。こういう世界もあるのね・・・今の自分がどんな魂のレベルで、どんなことを知るために生まれてきたのかわからないけど、この体と魂の組み合わせは今だけ。過去世がどうあれ、来世があるにせよ、今を生きる。Look To This Day・・・40代の私の今のところの哲学。

by looktothisday | 2005-12-22 21:10 | 日々思う事