<   2008年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

もうすぐ林住期

大先生のそのまた大先生の本を読んでいたら、よく養成で話されていたことが出てきます。そりゃそうですよね、先生の先生が書かれた本で、先生が訳されたものだし、先生はこの先生から学んだわけですから。(すいません、やらた先生が多くて・・・)

その中に古代インドの人生の考え方、四住期がでてきます。
それは、本物のヨーガ行者さん(といっても、聖者にはいるような人)は100歳くらいまで、いやそれ以上生きるらしいので、人生を4つに分けて考えます。

0才から25歳まで   学生期 師のもとでヴェーダ(聖典)を学びます。つまり勉強の期間です。

25歳から50歳まで  家住期 結婚し子どもをもうけ、子どもを育てます。

50歳から75歳まで  林住期 今まで現実の生活で身につけた色々な経験、勉強して得た知識で子どもたちや後進の指導にあたります。

75歳から100歳まで 遊行期 やっと、世間から離れ自分自身の修行

ヨーガの勉強を始めるまで、こういう風に考えたことはなかったので、とても新鮮に感じました。
読んでないですが五木寛之氏も「林住期」という本を書かれてますよね。なんでも家住期の終わりごろに、自分の進むべき道について考える人が多いそうです。私もちょうどそのあたりなので、妙に納得してしまいました。

ここ数年でヨーガを再開したことも含め、自分の進むべき道が見えてきた気がします。30代の頃はまだ現実でいっぱい、いっぱいだったような・・・。
まあ、もちろん100歳まで生きられる人はそんなに多くはないので、大体の目安で考えるのでしょうけど。

最近は、少し執着が減ってきたような気します。たとえば、お金。あるにこしたことはないけど、ちゃんと働いていれば必要なだけはやってくるのではと・・今も未来も、今までのように。年金も危ないこの国に住んでいて、なんという能天気な・・・と自分でもおかしくなるんですけどね。そう、思うんです。

ひとつの希望は75歳以降がいよい自分自身のためってとこですね。大先生はいつも、このくだりでインドの新聞王の話をしてくださいました。彼は遊行期になると全ての財産を譲り、身ひとつで放浪の生活を送り、死の直前に家族の元に戻り亡くなったそうです。つまり、この場合、財産は幸福にはあまり関係なさそうってことですね。

とてもいいヒントになる話でした。さて、私も来るべき林住期、遊行期を楽しみに、今の家住期を全うしたいです。
[PR]

by looktothisday | 2008-04-29 20:20 | Yoga

テソーミ

kanoさんがされていたテソーミ。私もさっそくやってみました。

More
[PR]

by looktothisday | 2008-04-25 20:38 | 日々思う事

22度めの・・・

開園記念日でした。私は法人設立準備の時からいるので、もう22年以上になります。ここで結婚して、出産、育児、長女はもうすぐ二十歳です。くらっとするよな長い時間、あっという間のような、長かったような・・・。

で、22度目の決算。毎年、ちゃんとできるかどうか、やっぱり不安。少しずつ会計も変わりますしね。お役所からの通知は、ちょっと読んだだけでは、どこがどうなったんだか、わかりません。わかりやすく書いてくれればいんだけどね~。

ま、22回もやってきたのだから、今年もなんとかなることでしょう・・・。これが終われば、ほっとします。無事、終わりますように。
[PR]

by looktothisday | 2008-04-23 21:35 | 日々思う事

最後の舞台

おさらい会終わりました。小さなホールを借りて、先生の教えている全てのクラスの生徒が集まり、今までならった曲を舞台で踊ってみるという形式。誰がどの曲をという設定なしで、何曲でも何度でも踊っていい自由なもので、とても楽しかったです。私はセビジャーナスとブレリアしか完全に振り付けを覚えてないので、その2曲を何度も踊りました。

ちょうど一緒に習い始めた3人でセビジャーナスを踊ったあと、先生がポロポロと泣き始めて、「3人を見てたら、涙でてきちゃって。Kieloさん、やめないで~。なんか涙止まらない・・・。泣いてはいけないのだけど、ごめんね。こんなこと初めて」って。
涙の理由は、どう考えてもそんな感動的なパフォーマンスだったのではないと思います。ただ、こうやって仲良しと踊れるのが幸せで、楽しくて。目標だったセビジャーナスを4番まで覚えられて、どんだけ苦労したかを思うと・・・胸がいっぱいでした。

他の生徒さんたちは、何がなんだかわからないようで、なんだか私が先生を泣かしてしまったよな図になってしまいました・・・。先生のおかげで、踊ることの楽しさ、人前で踊ることの大変さ、でも失敗しても踊り終えたときの達成感、知ることができました。私のようなヘタな生徒がやめるだけで、こんなに泣いてくださって・・・。

私は今のこの充実感を大事に、一つの幕がおりるのを穏やかにみつめることができることに、心から感謝でいっぱいです。
[PR]

by looktothisday | 2008-04-19 23:26 | Flamenco

あと2回

フラメンコのレッスンも、おさらい会と来週の2回になりました。同期のメンバーに今月いっぱいで一応退会することを話すと、残念がってくださって、「また戻ってきてね!」と言われてうれしかったです。フラメンコが嫌いになったわけではなく、根性が足りなかっただけなんで、カムバックも考えられますしね。

ヨーガの勉強が一段落したら、またやりたくなる可能性は大かも。ただ、今はヨーガの勉強と教室をもつという目標で頭がいっぱいなので、無理なのは確かなので。あと、2回!悔いのないように集中して踊りたいと思います。
[PR]

by looktothisday | 2008-04-15 21:55 | Flamenco

えなり君と仏花とそして私

仕事柄、ウチの職場には仏壇があります。近くのスーパーから週に一回仏花を届けていただきます。受け取りは、私の仕事。配達のおじさんは、「えなり君」似。事務所のカウンターからガラス越しに受け取るんですね。

それをいつも見ている同僚が・・・

「なんかね、えなり君が毎週Kieloさんに花を持って告白に来てるみたいに見えるのよね~。でも、花が仏花でえなり君とkieloさんだからさ・・・・」

一瞬、絶句。

その後、爆笑でした。ま、い~か、えなり君似おじさんでも仏花でも!
って、おじさんは、普通に配達に来てるだけですから。(笑)
[PR]

by looktothisday | 2008-04-12 15:59 | 日々思う事

偶然は必然・・・必然は偶然

時々起こる不思議なこと。

昨日、仕事帰りに買い物していたら、偶然2年ぶりに友達に会いました。
彼女、開口一番に「まだ、頑張ってる~?」
私、「何を?」
彼女、「ヨガだよ~」
そういえば、思いだしました。最後に会ったのはヨーガ教室で、私が東京にTTを受けにいく少し前。彼女は時間的に都合が悪くなり、教室をやめることになって、「もし、教えるようになったら知らせてね」が、最後の会話だったのです。すっかり忘れていました。

これも、ヨーガを頑張りなさいというお告げだよな・・・・と思い今日の昼休み、後期の指導者養成コースの申し込みをしてきました。さて、郵便局をでようとすると、ありゃ~、フラメンコの先生が!!!
これもびっくり、だって、そのかっきり30分前に、同僚にこう宣言したばかりだったのです。
「私、今月いっぱいでフラメンコやめるっ」と。
来週のクラスのときにいうつもりだったけど、もう、ここでいうべきだと思い、先生に話ました。先生は、色々心配してくださって、ひきとめてくれたけど、正直に元々苦手だけど、楽しくて続けていたこと、最近はヨーガの勉強が大変で練習がおろそかになっていること、ヘタを補う情熱が今はないことが、冷静に話せました。休んでみて、自分の心の反応をみてみます。今は、ほっとしたのが半分、寂しいのが半分・・・

この一連の偶然、なんだか必然であったような気がします。でも、もし、フラメンコをやめる決意がきちんとできていなければ、先生との出会いは、「やめない」ようにというメッセージにとられたかもしれないですしね。
なんだか、わかりませんが、こういう時は自分でも信じられないような不思議な力をはっきりと感じます。そして、これは進む道へのGOサインのような気がします。

以上、何でもこういうふうに感じてしまうkieloの日記でございました。(笑)
[PR]

by looktothisday | 2008-04-11 21:50 | 日々思う事

まったりな会話

仕事もプライベートも多忙な今日この頃です。

唯一癒されているのがこの 『赤毛のアン』への旅~原書で親しむAnneの世界~です。松本侑子さんと松坂慶子さんのま~ったりとした会話は別世界のようで、プリンスエドワード島の美しい風景とともに、しばし日常を忘れさせてくれます。昨日の放送では二人で白ワインを飲みながら、ロブスターやムール貝を堪能していました。本来の英会話よりも、この二人の浮世離れした映像が気に入ってしまいました。(笑)

私は結構、オタクで好きになったものは極めたいタイプです。で、ある程度までいくと、すっと撤退。でも、嫌いになるわけでもなく、飽きるわけでもなく、忘れるわけでもなく、大事にお気に入りの引き出しにしまうようです。こんな引き出しをたくさん持ってると、それなりに必要なときに登場して人生を豊かにしてくれるような気がします。

撤退のきっかけ?そりゃ~、次なる、新たな好奇心、情熱です!ただ、気が多い、凝り性なんですけどね~(笑)
自分と似た感性を持っていそうなお二人の映像をみながら、こんなことを考えていました。
[PR]

by looktothisday | 2008-04-09 22:24 | 赤毛のアンシリーズ

とっかかり・・・

ヨーガの指導者養成コースを無事修了できたので、ぼちぼち誰かにヨーガの良さをシエアできたらと思っていますが、どうやって始めたらいいのかよくわかりません。数人の友達にクラスを始めたら知らせてねと、言われてはいるけれど、場所や内容等、考え始めたらどうしてよいやら。チャンスが舞い込むのを待つべきなのかな?

ここで思い出すのが指導者養成コースで先生がおっしゃっていたこと。
こんな感じ・・・

「何かを始めるときは、よくその動機について考えてみましょう。(結果じゃなくて、動機。。。)あなたがヨーガの先生になりたいのは、何のためですか?お金ですか?すごいね、言われるためですか?・・・もし、そうだったら、生徒が集まらなかったり、うまくいかなかったとき、どんな気持ちになります?」

そーだ、そーだ、きっと落ち込むなあ。

「でも、もしヨーガを誰かと一緒にやろう!・・・良さを伝えよう!と純粋な思いで始まれば、一人もこない日だって、平気です。私も、一人もいない日、ありましたよ。あれ~、いないやって思って、一人でヨーガして帰りました」

この大先生でもそういうことがあったのですね。確かにヨーガの勉強にかかる費用はヨーガで得たお金でまかなえたら、こんなにいいことはないです。だって、そうやって学んだことをまた自分の生徒さんに還元できるのだから。だけど、これさえ、やっぱり不純な動機かもな~。大先生のいうとおり、純粋にヨーガを伝えたい、その機会に恵まれたことに感謝する気持ちで始めたいものです。

もし、いいタイミングがやってきたら、やってみようと思います。夢だったですしね!
[PR]

by looktothisday | 2008-04-05 16:13 | Yoga

The ticket to the seventh heaven

高校生の頃、友達と物語を書きっこして遊んでいました。テーマを決めたり、締め切りを決めたりしてですね。ふと、今朝そのことを思いだしたのですが、その一つのタイトルがこれ。"The ticket to the Seventh Heaven".主題はなんと、「捨てる」こと。

高校生の主人公が、毎日帰宅途中のがけで転んで、一つずつ、持ってるものを捨て去る、たとえば不美人コンプレックスとか。そして、そのことで、第七天国への切符を手にするという、妙な内容ですが、なんだか、この頃から、こんなこと考えていたのね、と思ってしまいました。そのほかも、「自己犠牲」、「万人の平等」、「偶然の一致がもたらす結果」なんて、テーマなんですよ。

なんだか、あまりに今とつながっていて、もしかして私はこのテーマのために生まれてきたのかしら?いや、相変わらずってことかいな?(笑)次女がちょうど、そんな年齢だけど、意外に深遠なテーマで生きていたりするかもと思ったりしました。
[PR]

by looktothisday | 2008-04-03 21:19 | 日々思う事