<   2007年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

フラガール

前から見たかったフラガールやっと見ました。日本アカデミー賞でも最優秀作品賞他たくさんの賞をゲットしてるし、邦画には辛口のピー子さんも絶賛ってことで、いや~なるほど良かったです。炭鉱閉山の町が舞台なので、なんとなく大好きなイギリス映画フル・モンテイを思いだしましたね。吹く風の冷たさが日本でもイギリスでも同じというか・・・。テーマは同じ?なんて思いました。これが実話を元にしていなかったら、なんでまた福島の炭鉱の町にハワイアンセンターなの?なんて、思ってしまっただろうけど、この常磐ハワイアンセンターのフラダンスって、昔よくテレビでやってませんでした?歌番組や芸能人水泳大会のバックなんかで?記憶違いかもしれないけど、なんとなくこの名前を覚えていたんですよね。こんなヒストリーがあったとは。

映画の中の福島弁っていうのかな、あのなまりが聞き取れなくて、「すいません、標準語字幕お願いします」って感じでしたよね(笑)私たちが「東京タワー~ボクと・・・」の北九州弁がちょっとヘンだよ違うよって思うのと同じで、きっと福島の人も「そこは違うべ」とか思ってみてるかもですね。松雪泰子は佐賀、蒼井優は福岡出身だから、九州弁ならばっちりだろうけどね。

映画の中で一番好きだったとこは、フラダンスの先生である松雪泰子演じるまどか先生が、生徒の父親がフラダンスを理解せず、夢中になって頑張っている生徒に暴力をふるった時、銭湯までなぐりこんでいく所。あのシーンだけで、松雪泰子は賞もらえます。(笑)理不尽なものにたちむかっていく姿がとても印象的でした。思わず、「行け!行け!」と叫んでしまいました。

最後のフラダンスのシーンが感動的でした。思ってる以上、見てる以上に難しい、でもハートのある踊りなんだなと、胸がいっぱいになりました。久しぶりにいい邦画を見ました。
[PR]

by looktothisday | 2007-04-30 16:00 | Movies

2外はスペイン語

大学の入学式から、早くも3週間。長女も大学生活に慣れてきたようで、お友達もでき、楽しそうにやっています。サークルは専攻予定でもある心理学と着物が大好きなので茶道にした模様。講義も、結構面白そうで、なんだかうらやましい母です。私も英語じゃなかったら、心理学勉強したかったんで、興味シンシンなんです。

それと第2外国語なんにしようかな~、スペイン語かロシア語って言ってたんだけど、必修科目の時間割の関係で、スペイン語にしたんだって。でも巻き舌って、難しいですよね。実は私は2外はフランス語だったんだけど、スペイン語もやりたかったんですよ~。でも、この巻き舌ができなくて撃沈したんです。何十年かぶりにトライしたけど、やっぱりできん。悔しいのでテレビみながら長女と練習するも、他の家族に気持ち悪いと迷惑がられる。練習したらできるようになるのかなあ?

浮気な二人は、せっかくスペイン語勉強してるのだから、旅行はやっぱりイタリアやめてスペインにしようかと話しています。時期は大学が休みで私の仕事が何とかなりそうな9月か来年の3月。というのも、どちらにしても行ったことない国なんで格安ツアーを探してみたら、9月は結構高いですね~。6泊で一番安くても18万くらいでした。早く行きたいけど、3月のほうが安そうだしな~。
イギリス→イタリア→スペインと、心変わりし続けていますが、なにぶん優柔不断で、いつものようにギリギリに決意となるかもしれないです。
[PR]

by looktothisday | 2007-04-26 19:55 | 子育て

I need to be in love

昨夜、NHKでカーペンターズ~スーパースターの栄光と孤独~をみました。カーペンターズは小学生の頃から好きで、私が英語が好きになったのはその影響だと思われます。カレンの歌を歌詞カードをみながら一緒に歌いました。、ここで息継ぎ、発音はこんな感じ♪みたいに。今でも、カラオケの定番。私が英語で歌える数少ない鼻歌(笑)テストでも、何度カーペンタースに助けられたことか・・・。当時はロック全盛期で、私はもちろんロックも好きだったけれど、カーペンターズも好きで。でも、なんかカーペンタースが好きというときは、さだまさしが好きと言うくらいの勇気がいったのも覚えてますね。でも、今は、ちゃんと言えますよ。素晴らしいですもん。

カレン・カーペンターは今でも私のベスト女性ヴォーカリスト。そんな彼女が拒食症による心不全で亡くなったときはとてもショックでしたね。この番組は兄のリチャードや彼女の親友、身近なプロデユーサー等のインタビューで構成されていたけれど、本人がいない今、真実のストーリーは永遠に知ることはできないな・・・と感じました。

好きな曲はたくさんあるけれど、昨夜初めて知ったこと・・・。日本語で「青春の輝き」なんて妙なタイトルで、確かにオンタイムでヒットした曲なのだけど、この歌詞の意味の深淵さ。原題は、
"I need to be in love"。この歌を歌ってるカレンが、とても印象的でした。

赤毛のアンの作者のL.M.モンゴメリもそうなのだけど、社会的には自身の才能で成功したにもかかわらす、実生活では孤独であったことが知られています。明るさ、陽気さ、美しさ、人生を肯定的にとらえる作品の中にある影に、気づいたのは大人になってからでした。今は思っています。光も影も同じものなのかもと・・・
[PR]

by looktothisday | 2007-04-21 17:05 | 日々思う事

オリーブ石鹸の使い心地

2月に仕込んだオリーブ石鹸、ちょうど2ヶ月たったので、試しにつかってみました。噂どおり、泡だちはマルセイユに比べるとよくないです。洗顔でも、ちょっと、かさつく感じがあって、次女からもニキビがでたから前のに戻してと苦情あり。でも、これは以前化粧水にも試してみた精油の組み合わせ(ラベンダー、レモングラス、テイトウリー)で、どうもテイトウリーと彼女の相性が悪いのではとにらんでいます。

それで、ちょっとがっかりしていたのですが、週末温泉に行ったとき、この石鹸で洗髪してみたら、洗いあがりにびっくり!さらっと、まとまるんです。私には、明らかにマルセイユより、シャンプーに関してはいいかもです。しばらく、シャンプーはこれでいってみようっと。

庭のカロライナジャスミンとブルーベルです。放置しても、毎年咲いてくれる、ものぐさな私にぴったりの花たちです。
a0042393_21452848.jpg

a0042393_21455651.jpg

[PR]

by looktothisday | 2007-04-18 21:46 | 手作り

ブルーベリーの花が咲きました♪

ただ今、うちの庭のブルーベリーの花が満開(?)です。
a0042393_22181541.jpg

携帯カメラでおまけにピンボケで、ごめんなさい!
でも、これは今年もおいしい実がたくさんつくかも!楽しみです。鳥さんとの争奪戦になるのだけど、たくさんつけば、半分こでもいいかな(笑)
[PR]

by looktothisday | 2007-04-16 22:21 | 日々思う事

ひと休み

1年中で一番忙しい時期に突入しています。とびいりの税務調査は、なんとか終えたけど、決算処理はこれからが本番。時間がたつのが早いのなんのって・・・。

仕事はそんなこんなで、プライベートでは、自分が受験を終えたわけではないのに、なんか気がぬけちゃって、あんなに好きだったヨガもフラメンコも、なんとか週1のレッスンをこなしているという感じです。フラメンコは、まさにもう限界状態。セビジャーナスの3番、4番が覚えられず、かといって家で特訓する気力もないので、ますます落ちこぼれていくって感じです。これは、二人組みで踊るので、相手の人に悪いなって思ってしまって、それがまたストレス。カラコレスは難易度が高い振り付けで、無理だ~!!!って叫びたくなってしまうし。

こんな時こそヨガだと思いながらも、今いち集中できないでいます。去年は、次から次にやりたいことがあって、相当パワフルに行動したので、今年はちょっと休めってことかなとも思います。首、肩の痛みはそのサインだったのかも。こんな時も、またよし・・・。すこし、休んだらまたやりたいことがいっぱいでてくるかな?自分でもわからないので、ちょっと楽しみだったりもします。でも、どうしよう??このまま数年なんてなっちゃったら~(笑)ちょっと、怖い。
[PR]

by looktothisday | 2007-04-13 20:57 | 日々思う事

大学の入学式

風は冷たかったけど、とてもよく晴れた美しい日、長女の大学入学式に出席しました。またしても、自分の母校。ここは、まさに青春の4年間を過ごした場所。ここに戻るとは!でも、今日は娘の付き添い・・・。お決まりのサークル勧誘ににぎわうキャンパス。あ~、やっぱり私は付き添い・・・誰も誘ってくれない!亡くなった植木等さんのギャグが頭によぎる・・・
オヨビデナイ?オヨビデナイ?コリャマタ失礼イタシマシタ!
最後の最後に心優しい青年が「お母さんもどうぞ」って、チラシをくれました。「あら~!アタシもはいっていい?」と喜ぶ私にひく娘と青年・・・・。これがオバサンってもんかな・・・(笑)

私の所属していた放送研究会をのぞくと、後輩たちがミーテイングに余念がない。今日の入学式のMCもなかなか良かったぞ。さて、娘はどんなサークルにはいるかな?ランチは生協の食堂で。バイキング形式で、重さで値段が決められます。会員はプリペイドのカードでキャッシュレスで食事が食べられ、しかも栄養計算までしてくれる。至れり尽くせりで値段も安く、お味もグッドでした。

そして、新入学生は、まるで制服のように黒のスーツ、インナーは白かパステルカラー、ストライプ等のシャツかブラウス。靴はちょっとフェミニンで決まり!ユニクロスーツもブランドスーツも同じに見えましたよ。似たような人が集まってるのだから仕方ないかなあ。どこの大学も同じなのかな。なんだか不思議な光景でした。
[PR]

by looktothisday | 2007-04-06 21:25 | 子育て

青い光が見えたから

青い光が見えたから
fumiちゃんのお友達、高橋絵里香さんが「青い光がみえたから」という、とても素敵な本を先月出版されました。
a0042393_2022475.gif

私も早速購入。福岡のジュンク堂では、留学のコーナーにならんでしました。お友達のお友達の本ということ、それにタイトルにもすごく惹かれたので、発見した時はドキドキしました。家でゆっくり読めばいいのだけど、ついつい、プロローグだけお店で読んでしましました。ここでもう、絵里香さんのお父様がフィンランド滞在許可がおりた時におっしゃた言葉、
「この先は、すべて絵里香のがんばり次第だよ」に、ガツンときてしまい、ウリウリになってしまいました。おりしも、我が家では長女の進学先をめぐり、娘を遠くに(ウチの場合は国内だし、年も18歳なんだけどな)やることの難しさを身にしみて味わっていましたので、このシンプルな言葉にこめられた思いが、痛いほど伝わってきました。絵里香さんは、素晴らしいご両親をお持ちです。

こんな風に、完全に同じ16歳の娘をもつ母親として、この本を読み始めました。さらりと書かれてますが、ご両親の理解と協力なしでは、彼女のフィンランド留学の夢はずっと先になってしまっただろうな・・・。真似できないっ!
でも段々と、読み進めていくうちに、ムーミンの話、フィンランドの学校生活にどんどんひきこまれていき、はっと気づくと、自分もフィンランドで頑張るの高校生の気分に。フィンランドの高校がずいぶん日本と違うのは、知識としてはありましたが、こうやって、実際に4年かけてフィンランド人でも難関とされる卒業試験にパスされた日本人学生の本を読めるなんて思ってもなかったです。世の中、すごい人がいるな~って感心してしまいました。フィンランドの教育がご自分の言葉で、わかりやすく書かれています。最初の1年なんて、日常会話も大変だったのにね。本当にがんばり屋さんです。

彼女がフィンランドでどういう風に成長していったか、フィンランドの教育が与えた影響。4年間のクラス写真の変化で、とてもよくわかります。1年目は、シャイで自信なさげにみえますが、最後は本当に堂々とフィンランド人の中でも存在感をはなっています。そして何よりこの本が、表現することの素晴らしさを学び、成功した証のように思われます。

まだまだ進化中の絵里香さん、フィンランドペースでこれからも歩んでいってくださいね。へこんでいた私も勇気をいただきました。
[PR]

by looktothisday | 2007-04-05 20:58 | Finland

でしゃばり?

先日、長女が大学入学式に着る服を買いに行きました。どうしても、自分の好みの店(次女とは天と地ほど違うが、長女とは趣味が似ている)になってしまうなあ。長女もお友達と買いに行ってみたけど、決められなかったらしいです。

一軒目、二人でお店にはいり「入学式に着る服を探しているんですけど~」と、お店のお姉さんに言うと、なぜか、かなり渋めのスーツをすすめる・・・???だったけど、ぜひ試着をと私に迫るので、「あの~娘なんですけど」。

二軒目、三軒めも同様。ついに、四軒目でも間違えられたので、「どこでも、店員さんは私のだと思われるみたいなんだけど?なんで?」と聞いてみました。そしたら、とても気さくな方だったので、率直に「だって、お母さんの方が真剣で、ジャケットはおってみそうな雰囲気なんですもの。それにくらべ、お嬢さんは、付き添い風で人事みたいにされてるから~」ですって。

や・・やっぱり。私って、出すぎてるよね~。特に娘たちのことになると。これはいけない!自立を思い切り妨げてるぞ~っと反省しました。
結局、高いブランドものは買わず、ユニクロでスーツ1式揃えました。1万円でおつりきちゃいました。だって、入学式以外で、そんないいもの着ないし、制服がわりに登場するには、ちょうどいいのがあったんで。その分、なにか必要なものを買うことにしました。
[PR]

by looktothisday | 2007-04-01 12:08 | 子育て