カテゴリ:Look To This Day( 4 )

気づくと、もう1年・・・

ブログを始めて今日でちょうど1年になりました。振り返るガラではないのですが、ちらっと1年前の記事などを読み返してみると、自分が書いているのだけど、ちょっと違う・・・。思いというものは、いったん手放してみると、勝手に一人歩きを始めるものらしいです。そして、日々変わっていく・・・「いつまでも、かわらずにあなたらしくいてね!」なーーんて、ありえない話です。肝心の「あなた」がどんどん、かわっていくのだもの。

気づいて嬉しかったのは、1年前にコメントしてくださっているほとんどの方が今も仲良しで、ご対面を果たせた方もいらっしゃるということです。私が幸運なだけかもしれませんが、ネットでの印象はそのまま、いや、現実に知り合えたほうがより魅力がます方々ばかりです。普通、明かさない心のうちをブログでぽろっと書くことで、図らずも、よりお互いに理解できるということはありだと思います。

ブログを書いてなかったら、ありえない出会いもありました。田舎の狭い世間で暮らしている私が、遠く離れた本当に素晴らしい方たちと、心を交し合う・・・。不思議ですよね。困った時は、さまざまなアドバイスをいただき、落ち込んだときは、暖かいメッセージ・・・。嬉しかったとき、おかしかった時、一緒に笑っていただける。

しょーもないことばかり書いていますが、今後とも書きたいネタがある日は更新していきますので、よろしくお願いします。そして、お付き合いいただいてありがとうございます!

しつこいですが、私自身のために、もう一度・・・

Look to This Day

Yesterday is already a dream,
and tomorrow is only a vision.
But today well lived makes every yesterday a dream of happiness
and every tomorrow a vision of hope.


「今日この日を見よ、それこそが人生、人生の最良のもの。
そのつかの間にあらゆる現実と真実がある。
成長の喜び、行動の輝き、力の栄光。
昨日は記憶にすぎず、
明日は空想にすぎぬ。
だが今日をよく生きれば、すべての昨日は幸福な記憶となり、
すべての明日は希望の光景となる。
されば、今日この日をよく生きよ。」

サンスクッリト語の賛歌
翻訳はは「チャクラヒーリング」ブレンダ・デイヴィス著 三木直子訳  より
[PR]

by looktothisday | 2006-10-15 20:02 | Look To This Day

魂からの癒し・・チャクラヒーリング

今日で仕事も終わり、明日から5日間のお休み。といっても年内は、お掃除やお正月の準備などで休みにはならない。三が日は、毎年恒例の初売で福袋を買いに行き、2日からは実家へ。といっても車で15分なのでしょっちゅう里帰りしてますが・・・(笑)

そうそう、今年のうちにエントリしておきたいことが。ブレンダ・デービス著「チャクラヒーリング」について。これから読まれるかたもいらっしゃるので、内容は簡単に。私の感じたことを中心に書こうと思う。なにしろ、内容の深い本なので書ききれない!という理由もある。

原題は「Rainbow Journey」彼女は英国人、現在はザンビア在。薬剤師、外科医、精神科医、そしてヒーラー。ヒーラーとしての力を隠しつつ。診療にあたってきたが、(つまり当時は医学界では異端だった)やっと、自ら解放されこの本を著した。イントロダクションのサンスクリット語の賛歌が私のブログのタイトルにもなった大好きな言葉だったという縁で、数あるチャクラやヒーリングの本の中から私のもとへやってきた。

七つのチャクラといっても、なんじゃそれ、と思うかたもいると思うので簡単に。

1・ルートチャクラ・・・背骨の基部、尾骨と骨盤の間。赤色。物質界とグラウンデイングさせる。
2.セイクラルチャクラ・・・臍の下の中央線上。オレンジ色。生殖機能。
3.ソーラーブレクサスチャクラ・・・胃の上、中央線上かやや左より。黄色。可能性、力、意志。
4・ハートチャクラ・・・人間的な愛の中心点。エメラルドグリーン。
5・ソーラーチャクラ・・・喉。青。私たちの尊厳、支配。
6・ブラウチャクラ・・・ここから天界へ。霊的な意味での視界・紫、または濃紺。
7・クラウンチャクラ・・・頭のてっぺん。霊的なエネルギーを取り込み、自分または他者を癒す。

まずは自分のチャクラの状態をしるための自己診断テスト。どのチャクラに問題を抱えているかが発見できる。私が、これは使える!と思ったのは、あるチャクラをブロックすることで自分を守る方法。たとえば、苦手な人にあうときのためのメソッドがかかれてある。プロテクション・エクササイズである。

各章では一つ一つのチャクラについて詳しく述べられ、それぞれのチャクラをクリーンにするためのエクササイズ、メデイテーション。それにあった音楽、アロマ、パワーストーンなどが紹介されている。ここで、困ったのが「神聖な場所」の確保。意外とないなあ・・・と思われるかたも多いと思う。私は、まだ実践できないでいる。日常的にできるようになったら、ずい分かわると思うので、来年の課題としたい。

この本の中には、思わずラインを引きたくなる箇所がいっぱいでてくるのだけど、私が一番好きなところを・・・

「・・・今私たちには、自分が通ってきた道以外、自分には他に生きようがなかったのだということが一目瞭然としてわかり、そしてそれを理解ともに許すことができます。なぜなら私たちはこれまでしてきた経験のすべてが与えてくれる叡智の恩恵に浴しているからです。至高の理解が訪れるのはまだ、これからです・・・・・」

この方はエンジェルオラクルカードの「誠実」をよくひかれるそう。これはヒーラーとしても自分自身にとっても、とても大切なこと・・・この本全体を「誠実さ」がつらぬいているように感じたのは偶然ではなかったようである。

おすすめです。
a0042393_22133316.jpg

[PR]

by looktothisday | 2005-12-29 21:03 | Look To This Day

サンスクリット語だった!

幼なじみのSちゃんと前から行ってみたかったレストラン「フォレスト」でランチ。ボリュームたっぷりでお味も合格!人気があるはず、納得!彼女とは実家が隣同士、彼女が激動の日々を送っていて音信不通だった10年間をのぞくながーい付き合いである。その10年間ですら、定期的に彼女は私の夢にでてきていたのである。ある時彼女が夢で「私は今船の上で暮らしている」というメッセージを送ってきた・・・その後は「Kちゃん(私の事)、もう死にたい」と言う。これには驚いて、彼女のお母さんに住所を聞き出し手紙を書く(もちろん夢のことは書かないよ)。が、返事なし。ほどなく、彼女は故郷に帰ってきた。10年ぶりの再会。長い間の不義理をわびる彼女に、それはお互いさまだからと答えたものの、やっぱり夢のことを話してしまった。なんと、そのころ、本当にそんな時期だったらしい。不思議なことだね。

そのSちゃんは、3月に親友を亡くした。その人は私の友人でもあった。二人で彼女のことを色々話しながら、彼女が私たちにのこしてくれたメッセージ大切に生きようね、偶然はないのだからねって確認しあった。

そして、夕方。本屋さんで手に取った「チャクラ・ヒーリング」原題"The rainbow Journey"
ブレンダ・デーヴィス著・三木直子訳(徳間書店)のイントロダクションを読んでいたら・・・なんとみつけた。このブログのタイトルにした”Look to this day"を。サンスクリット語の賛歌だそう。

本にはこうかれてあった。

「このサンスクリット語の賛歌がすべてを語っています。そしてこの詩があなたの旅路の始まりを応援してくれるかもしれません」

  今日この日を見よ、それこそが人生、人生の最良のもの。
  そのつかの間にあらゆる現実と真実がある。
  成長の喜び、行動の輝き、力の栄光。
  昨日は記憶にすぎず、明日は空想にすぎぬ。
  だが今日をよく生きればすべての昨日は幸福な記憶となり、
  すべての明日は希望の光景となる。
  されば、今日この日をよく生きよ。

私が20数年前、カンタベリでみつけた言葉はサンスクリット語だったのだ。聖書の言葉ではなかったようだ。そして思えばあの英国旅行は心の旅の始まりだった気がする。その日の夕暮れ、小高い丘で受け取ったメッセージを今だ忘れられないのだから。(それは、とてもシンプルなものだったけど)
本を持ったまま、涙がでそうだった。もちろん、この本に出会うためのメッセージだったかどうかは、わからない。(まだ、読んでないもん)ただ、今私が進んでいる道は、間違っていないという確信をもつための、「偶然」だったのではないかと。
今まで、こういう種類のことは何度か経験しているけど、一番感動的だった。今さらながら、また思う。ヨガって、サンスクリット語で「つながる」って意味だったなって。またもや、つながってしまった・・・本当に奥が深い。

ブログをはじめていて良かった。じゃなかったら、こういう風にこんな気持ちを言葉にすることはなかっただろうから。そして、長いのにここまで読んでくださった方・・・どうもありがとう♪ 感謝
[PR]

by looktothisday | 2005-11-18 21:54 | Look To This Day

Look To This Day

このブログのタイトルにした”Look To This Day"は、二十歳の時初めて訪れたイギリスでみつけた言葉である。カンタベリー大聖堂の近くのおみやげ屋さんで買った小さな壁掛けに書かれていて、なぜかずっと心にある。

Look To This Day

Yesterday is already a dream ,and tomorrow is only a vision ,
but today well lived makes every yesterday a dream of happiness
and every tomorrow a vision of hope.

とてもシンプルなんだけど、できそうでできない。"Look To This Day"で検索してみると、キリスト教関係のHPにいきあたるので、キリスト教の教えなのかもね。

この壁掛けは木でできていて、Daisyの絵が書かれている。ずっと、実家の思い出箱の中に眠っていたのだけど、妹家族が母宅に同居することになり、わたしのもとへ舞い戻ってきた。(他のなつかしいものもいっぱい!) 偶然なんだけど”つながり”を感じるな。

一日一日、大事に生きていきたいな。
 
[PR]

by looktothisday | 2005-11-05 14:31 | Look To This Day