カテゴリ:Flamenco( 36 )

最後の舞台

おさらい会終わりました。小さなホールを借りて、先生の教えている全てのクラスの生徒が集まり、今までならった曲を舞台で踊ってみるという形式。誰がどの曲をという設定なしで、何曲でも何度でも踊っていい自由なもので、とても楽しかったです。私はセビジャーナスとブレリアしか完全に振り付けを覚えてないので、その2曲を何度も踊りました。

ちょうど一緒に習い始めた3人でセビジャーナスを踊ったあと、先生がポロポロと泣き始めて、「3人を見てたら、涙でてきちゃって。Kieloさん、やめないで~。なんか涙止まらない・・・。泣いてはいけないのだけど、ごめんね。こんなこと初めて」って。
涙の理由は、どう考えてもそんな感動的なパフォーマンスだったのではないと思います。ただ、こうやって仲良しと踊れるのが幸せで、楽しくて。目標だったセビジャーナスを4番まで覚えられて、どんだけ苦労したかを思うと・・・胸がいっぱいでした。

他の生徒さんたちは、何がなんだかわからないようで、なんだか私が先生を泣かしてしまったよな図になってしまいました・・・。先生のおかげで、踊ることの楽しさ、人前で踊ることの大変さ、でも失敗しても踊り終えたときの達成感、知ることができました。私のようなヘタな生徒がやめるだけで、こんなに泣いてくださって・・・。

私は今のこの充実感を大事に、一つの幕がおりるのを穏やかにみつめることができることに、心から感謝でいっぱいです。
[PR]

by looktothisday | 2008-04-19 23:26 | Flamenco

あと2回

フラメンコのレッスンも、おさらい会と来週の2回になりました。同期のメンバーに今月いっぱいで一応退会することを話すと、残念がってくださって、「また戻ってきてね!」と言われてうれしかったです。フラメンコが嫌いになったわけではなく、根性が足りなかっただけなんで、カムバックも考えられますしね。

ヨーガの勉強が一段落したら、またやりたくなる可能性は大かも。ただ、今はヨーガの勉強と教室をもつという目標で頭がいっぱいなので、無理なのは確かなので。あと、2回!悔いのないように集中して踊りたいと思います。
[PR]

by looktothisday | 2008-04-15 21:55 | Flamenco

これはタパス?

ヨーガの教えのうち、勧戒(したほうがいいよ、というお勧めの事項)の中にタパス(苦行)があります。説明するととっても難しく長くなってしまうので、わかりやすい例でいうと、辛いけど部活の練習をがんばること、受験勉強等です。つまり、きついけど何かに無心に打ち込み、成し遂げる、継続することかなと解釈しています。この時、心にいったんついた情熱の火種は一生消えませんので、その後の人生に勇気と自信をもたらします。この火種と持つ人と持たない人とでは、かなり違ってきます。会社の人事担当者が採用の面接の時に、部活動の経験や趣味を熱心に聞くとはこのためだとか。

前置きが長くなってしまいましたが、今、悩んでいるのはフラメンコを続けるか否か。ヨーガは生涯学び続けたいと思う、情熱も動機もあるのですが、フラメンコは今はほぼ苦行状態。振り付けを覚えるのさえ、ままならないのです。というのも、家で練習しようにもビデオにでもレッスンを撮ってない限り無理ですし、ICレコーダーも使ってみましたが、これもあまり役立たず。かといって、ものすごい情熱があるわけでもない・・・・。時間と月謝の無駄遣いかもと、思ったり。

一緒にならっているSちゃんも同じ気持ちで、彼女も「もうひきとめられない」と今日言ってました。じゃあ、おさらい会が終わってやめようかと話して帰る途中、ふと、このタパスが頭をよぎりまして。こんな不完全燃焼のままやめるのも、という気持ちも。下手ながら振り付けを覚え、精一杯踊ったときの清々しさは他では得られないものでもあります。

習い事は苦痛になったらそこで終わり。これが私の信条ですが、ど~もこのタパスがひっかかってます、今夜は。(笑)
[PR]

by looktothisday | 2008-04-01 22:46 | Flamenco

パリージョ♪

ヨーガの勉強で頭がいっぱいだったので、フラメンコのほうは秋の市民祭が終わってからは、またく自主練もしていませんでした。やっと、ヨーガが一段落したので、今度はちょっとフラメンコを真面目にやります。emoticon-0171-star.gifだって、来月おさらい会があるんですもの。
んで、またもや新しい挑戦。それはパリージョ。つまりはカスタネットです。
a0042393_21532052.jpg

指に装着するとこから、難しい・・・emoticon-0107-sweating.gif不器用なので、両手を別々の動きで、しかも指で一本、一本音を鳴らすなんて、神業でございます・・・。セビジャーナスの時に使うらしいけど。

家族は、もうヨーガに集中したほうがいいんじゃない?というけれど、貧乏性の私はこのパリージョを買ったからには、なんとかタララって鳴らしてみたい。。。もったいないじゃないか?と思ってしまうのです。次のおさらい会までは、がんばってみますね!その後はまた考えます。
[PR]

by looktothisday | 2008-03-25 22:02 | Flamenco

シャッターチャンスに気をつけましょう。

ヨーガの教室の日はいつも、楽しく出かけるのだけど、フラメンコはちょっと根性がいります。行って踊っている時は楽しいし、帰るときはずいぶん身も心も軽くなってはいるのですが。
その時も、多分「やめたいな~」オーラを発散してたんでしょう。。。シューズを履き替えている時に先生に声をかけられまして。
「うまくなったね~。先週みてて思ったのよ。着実に進歩してますよ!」
レッスン中は覚えの悪い私はいつも撃沈で、おまけに家でも練習してないので、そんなはずはないんだけど。単純なんでこうやって、またその気になってるわけです、はい。(笑)

ところで、10月の市民祭の公式の写真ができたので、自分が写っている数枚を購入。で、家族に見せると、長女が「お母さん、パンツみえてるよ~!」と騒ぐのでよく見ると・・・
ギャア~ホントに見えてる!!!なんちゅ~ことでしょうか?
確かによーく見ないとわかりませんが。
先生が言ってたことを思い出すのです。ダンサーはTバックで脱毛も完璧にしてる・・・と。
そ、そうなのか、こういうことがあるからなのか・・・(大汗)
虫の知らせか、その日は万が一見えてもいい見せパンはいていたのが不幸中の幸い。大学祭の事件といい、今年はやたらパンツがらみが多い・・・・年末までにもうパンツ事件は起こさないように注意しようと思います。
[PR]

by looktothisday | 2007-12-06 19:55 | Flamenco

新しいブレリア

舞台を終えてほっとする間もなく、今度は新しい振り付けのブレリアです。先生が「これはもうヒターノ(ジプシー)の振り付けだからねっ!」と自信ありげ~。確かにグラナダの洞窟フラメンコショウでみたヒターノの踊りに似てるなあ。うちの先生はずっとスペイン人に師事してきた人なので、振り付けは本格的らしい・・・。うむ。

私はどちらかというと、ゆっくりな感じが好きなんですけどね~。文句いわずに振り付け覚えよう!これが私の場合、とても時間がかかるのです。とかなんとか言いながら、もう3年目に突入。自分でも信じられませんが、もうすこし頑張ってみようかなと思ってます。
[PR]

by looktothisday | 2007-10-24 22:13 | Flamenco

1年ぶりのフラメンコ舞台

ずっと、スペイン旅行の更新をしていましたが、帰国後はヨーガの宿題、フラメンコの舞台の練習に追われていました。宿題は今回は短めで勘弁していただき、フラメンコの舞台は今日終わりました!!!!

昨年と同じブレリアと、セビジャーナスは4番まで。なんと最前列で踊るはめに・・・。昨年のお約束とおりとはいえ、かなり緊張しました。昨年はふりつけも怪しい状態で踊ったので、それに比べればいいのですが、なんといっても前列というのがかなりのプレッシャーだったわけです。

家で練習して娘達に感想を聞くと、「去年は子豚のダンスという感じだったけど、今年は一部フラメンコに見える」、「去年に比べるとかなりの進歩!」というコメントで、1年間無駄に練習したわけではないと、自分に言い聞かせ本番をむかえました。

スペインで買ったショールをしてみました。
a0042393_2154476.jpg


本番は大きな失敗もなく、去年よりは落ち着いて踊れました。あれだけできなかったセビジャーナスの4番を間違えずに踊れただけでハッピーです。課題は山積みですが、今夜はもう何も考えずに眠れます・・・。今年の秋の大きなイベント、スペイン旅行、フラメンコの舞台が終わってしまい、しばしボーゼンだと思いますが、語学やヨーガの勉強に集中したいと思っています。
[PR]

by looktothisday | 2007-10-14 21:09 | Flamenco

初級から中級へ

フラメンコが自分でも信じられない事態に!(笑)

先日もちょこっと書いたように私達の先生のレッスンには中級クラスはなくなってしまっていたのですが、初級2年目の私達が中級に移ることに!なんでも、今まででも本来は中級、なかには上級レベルの踊りも教えてもらっていたらしく(どーりでやたら難しかったわけです。)今までの内容を続けたい人は中級にってことです。基礎をもう少しという人は、もちろん初級に残ってもいいのですが、なんと私以外の人はその場で「中級にいきます!!!」って感じ。今まで2年間一緒にやってきてるわけで、一人初級に残るのも面白くないので、私も2日考えて中級に進むことにしました。

つい最近までやめようかとも思っていたのですが、また少し情熱が戻ってきています。そのきっかけとなったこと。
それは一人ずつエスコビージャ(フラメンコ特有の早いステップ)を打ってみましょう、となった時に、たまたま2年初級組は私だけだったのです。1年初級組の方たちの後でやらされたのですが、これはもう1年違うので「Kieloさんのように長く続けていれば、ちゃんと打てるようになるんです」と先生がコメントしてくださったんですね。正直、心から嬉しかったです。リズム感なし、運動神経なし、情熱も下火、覚えも悪い・・・そんな私でも続けていれば、少しずつでも進歩することに気づいたんですね。
それに、1年前、一人だけ見事にずれていたパルマ(拍手)の裏打ちも、無意識にできるようになってました!地味に感動・・・
フラメンコは本当に難しい踊りなので、生徒間で極端に差がつかないというとこもいいですね。ただ、あるとき、突然、「抜ける」人が現れるんだそう。「振り」が「踊り」になるんですね。楽しみながらいつか私も抜けてみたい!CMの森山良子さんもかっこよく踊ってますもんね!
とりあえずは、11月の市民祭にむけて稽古頑張りましょう!
[PR]

by looktothisday | 2007-08-31 19:54 | Flamenco

盆踊りに思う・・・

昨夜は職場の盆踊り大会でした。うちの施設に入所されていて亡くなられた方の初盆供養と夏祭りを兼ねています。狭い園庭で、しかも高齢者の方の参加となると、できる事は限られるのですが、毎年レク係りが中心となって企画しています。今年もみんなの気持ちがこもった良い盆踊り大会になったのではと思っています。

私は直接介護のお手伝いはできないので、毎年踊り子です♪色々なタイプの盆踊りを毎年覚えるのですが、今年は炭鉱節と口説きの踊りのみでいくことに。これなら、入所者の方々も骨のずいまでリズムを覚えているので、車椅子に乗ったままでも楽しめるのです。炭坑節は、私達の住んでいるとこでは、まず踊れない人はいません。もう保育園時代からたたきこまれますから!(笑)身体が覚えているわけです。口説きは、太鼓にあわせて歌い手が口説き、リズムにあわせて何種類かの踊りがあります。これは、いったん覚えると大丈夫ですが、慣れないと結構難しいです。小さい頃から口説きで育った人たちは、これまたリズムが血となり肉となり成長しているので私のように職場で覚えたような初心者とは年季が違います。

今日はフラメンコのレッスンでしたが、ちょうど先生がリズムのお話をしていました。スペインの人たちもあの独特のフラメンコのリズムが身体にしみついているから、あ~ゆ~風に踊れるのですね。
「3年頑張ってみてください。それから初めて自分にあってるか、あってないか考えてみて。」と言われていた言葉が胸に残っています。普通の人が3年なら私は5年かもしれないけど、続けていたら私なりの踊りができるようになるかな?
「体型的には筋肉質はあまり魅力ないから、霜降りでお願いします~!」なんて・・・(笑)それなら、なんとかなるかも。そこだけ素質あり・・・
[PR]

by looktothisday | 2007-08-21 22:19 | Flamenco

もう少しやってみよう・・・かな

最近すっかりフラメンコの記事がありませんでしたが、細々と続けています。ちょうど、習い始めて2年が経過しました。最初は友達の付き合いで始め、セビジャーナスの1番を覚えたらやめようと思っていたのにね!今はようやく、4番まで、なんとか振り付けを覚えて、これから踊りこむところです。ブレリアは、秋の市民祭では私達初級クラス2年目組がメインで踊るのだって。

フラメンコは入門の生徒数が一番多く、初級までは結構残ります。中級になると、ぐっと減り、上級クラスはほとんどいない・・・それが現状です。実際、私の先生のクラスは今や中級は絶滅ですから~。去年の入門クラスの方たちと今は同じ初級クラスなので、復習になって助かっています。ものめずらしかったための情熱は消えうせ、ヘタの上、練習しないものだから、レッスンに行くのが正直憂鬱なこともあります。でも、来月のスペイン旅行で情熱再燃の可能性もあるし、去年の市民祭のリベンジをしたいというのもあるので、もう少し頑張ってみます。

あ~。でも今日はセビジャーナスの4番が、やっとわかった気がしました!これが、もう少しマシに踊れるようになったら、もう悔いはないかな!
[PR]

by looktothisday | 2007-08-07 22:39 | Flamenco