予知夢

多くの人が経験しているように、私も昔から、正夢もしくは予知夢?はよくみるほうだと思います。幸い、重いものは少なく、こんなの当ててもね~という類が多いのですが。(笑)

今朝は、地震と庭木の剪定の夢をみました。まず、地震の話は、私がど~も東京に行っていて、地震に遭遇+「崖の上のポニョ」みたく地上が水浸しという夢。いつものように、朝、家族に夢を披露しているとこで、テレビで大阪での地震情報。でも、いつものことなので、「ふ~ん」という感じ。東京じゃないし。(笑)

職場で、夢の話で家族に相手にされなかった話+庭木の剪定の夢のこと話してると、同僚が「味方するわけじゃないけど、隣の施設、○○造園はいってますよ~」よし、よし、なかなかの予知だぞ。

って、全くしょーもないんですけどね。(笑)

でも、先週はAさんに偶然会いました。AさんはBさんとも共通の友人。BさんはAさんになかなか会えない状況。Bさんは今、辛い状況にあり、でも理由あって私はBさんのことをAさんに伝えない。そして、Bさんに会ったのでAさんに会ったことを伝えるとBさんがドンビキ。なんと、その日、AさんがBさんの夢にでてきて、「相変わらず優しかった」そう。Bさんは、こうゆう類のことを全く信じないのですが、このことは、こうゆ~こともあると記憶していてくれるそうです。

これは、私たちは、心がつながっていると、その回路で夢で出くわす・・・そうゆう例ではないかと?

もちろん、心がつながっていなくても、偶然の一致もありますけど。(経験あり・・・笑)
私はこうゆ~経験が多分普通の人より多いので、事実を認めざるを得ないわけです。

一番、印象的なのは、大好きな祖母との永遠の別れの時。
亡くなる1週間前に、棺におさまり、平和に花で囲まれた祖母の夢をみました。その後に急変し、全く同じことになりました。亡くなってすぐは、最後にお世話になっていた場所で車椅子に乗って、暗い廊下で「まだ、ここにいるの」と言う夢をみました。ちょうど、49日の頃、「今はここ」と言って、白黒で川岸に彼女はいました。そして、数ヵ月後「今はここ。安心してね」という場所は、どうも天国。祖母自身、よく正夢をみるタイプだったので、私たちは今でもつながっているのでしょう。今でも節目には登場します。「まかせておいて」と。

私のような平凡な人物にも、目には見えない不思議なことが、日々起こっていて、おそらく、それは現実よりも真実であるということ。そう信じると、毎日はとっともミステリアス?
[PR]

by looktothisday | 2010-02-16 20:48 | 日々思う事