オリンピック、やっぱり楽しみたい

オリンピック、始まりましたね~!
私も昨日から、ずっとテレビにくっついています。開会式前のグルジアの選手の悲報に、本当に胸が痛い・・・。グルジアといえば、「やさしい嘘」という映画を思い出す・・・これも悲しい映画でした。

ジャンプのノーマルヒルは全員予選通過できたけど、結果は残念ながら・・・伊東選手の15位が最高。個人的に期待していた竹内択選手は34位。あと、ラージヒルと団体があるので、ぜひ、いいとこを見たいなあ。それにしても、スイスのアマン選手はすごい・・・「金ですね、はい」みたいな解説が物語るその美しい飛ぶ姿勢。ちょうど、NHKの「ミラクルボデイ」でやっていて、そのバランス感覚、風と友達になるという、その意味がよくわかりました。

モーグルは家族で、ライヴで応援。上村選手、一歩届かず。これって、本当に運ですね。オリンピックって、4年に1度だから、去年なら金メダルだったかもしれないし。フュギュアの中野選手だって、去年なら出場できただろうし。
初出場の村田選手は8位入賞で、上出来です。北九州市出身なので、応援にも熱がはいります。これからが、とっても楽しみ、上村選手命名の「ポニョ」というあだ名がぴったりの天然系です。
そうそう、モーグルのヤンネコーチはフィンランド人メダリスト、お世話になります!

こうやって、、私たちのようにオリンピックに熱中する人が多数の中、「お祭り騒ぎは苦手」、「興味ない」という人もいるけど、やっぱり私は、アホと思われてもお祭り大好き、楽しいことにはぜひ積極的に参加したい派です。(笑)ちなみに、大学時代の呼び名は本名があまりにもありふれて多すぎて、区別のために「まつり」でした。だから、今でも大学時代の友人には「まつり」です。由来は、1年生のとき、サークルの大事な行事に地元の「まつり」を理由に出席せずに、それを正当化したからです。(爆)
[PR]

by looktothisday | 2010-02-14 19:44 | 日々思う事