怒ると身体に悪い・・・

怒った事件、まとめ。

客観的感想。怒ると、とっても疲れる。そして、すぐ身体にでてきます。昨日は、昼間怒ってくしゃみもでなかったと書いたでしょう?そしたら、寝るときに、急に喉のあたりが苦しくなって、咳が激しくでました。少し、喘息気味なのか、ごくごくたまになるのです。おお、これはヨーガセラピーで勉強したとおり、日中、交感神経優位で興奮気味に過ごし、夜になって安静になった時に、喘息発作がおきる・・・そのまんまですね。子どもなんかの喘息発作の出方ですね。
おまけに久しぶりに坐骨神経あたりがピリピリ、これも数年ぶり?

こんなんだから、怒るのなんか、無駄なエネルギー使って、しかも自分を痛めつけてるだけ。外に発しているようで、その負のエネルギーが私自身にもダメージを与える・・・そう、はっきり自分の身体で知りました。

「人を呪わば、穴二つ」「情けは人のためならず」いやいや昔の人は本当のことを言っています。まあ、呪うほどはないけど、腹はたちましたから。

なので、また、いつもののんびりモードに戻ります。
[PR]

by looktothisday | 2009-11-18 20:16 | 日々思う事