年を重ねて

ヨーガ勉強会後期13回目でした。今月は大先生ご一行はヒマラヤで修行中なので、先生の一番弟子と言われているY先生の講義でした。もちろん初めてで、ちょうど一番前の席で、じっくりと観察させていただきました。(笑)お若い先生ですが、大先生のスピリッツをしっかりと受けついでいらっしゃいますし、口調もジョークもかなり似ています。 なんだか不思議な気持ちになりました。

1月からの新しい班も今回までで、7月にはまた変わります。班が変わるたびに、色々な方と仲良くなれて嬉しいし、勉強になりますね。同じ班の方(30代)とお話していたら、「Kieloさんはおいくつですか?」と聞かれたので、正直に答えたら、「おお~。」とびっくりされて「いい年を重ねられてますね~」と言われました。お世辞かもしれないけど、これは自分の理想でもあるので素直に喜んでいます。

年をとることは誰にも避けられないことで、な~んにも悪いことではないです。なのに「アンチエイジング」として悪者としてるのはなんだかな~と学会にも来られていた東北大学加齢医学研究所の川島隆太先生もおっしゃっていました。先生は「スマートエイジング」研究を展開されています。この言葉の定義は「エイジングによる経年変化に賢く対処し、個人・社会が知的に成熟すること」だそうです。

今まで年を重ねてきて、自分なりにこれは真実であると思うことのひとつに「経験したことで無駄なことは一つもない」があります。色々な出来事も今は自分の一部となって、しっかり役立っている、自分のため、誰かのため。そういうふうに考えるの好きです。そうすると、年をとるのも悪くないと思いますね。

過去のことを肯定的にとらえるということは、生まれながらに上手にできている気がするのですが、今から起こることにおびえる、心配するという悩みを長年もっています。その原因が「執着」で、しかも、それはとても普遍的にみんなが持つ種類のもの・・・生への執着、愛するものへの執着・・・であるというとこまで、わかりつつある今日この頃です。(笑)そして、自分でどうしようもないことを思いわずらうのはおよしなさい・・・ということが答えであろうことも。

原因がわかれば、半分以上は解決しているといわれてますので、私が思いわずらうのをやめるのも、修行しだいか?(笑)そう思いながら、何気ない毎日を暮らしていくのが、とても大事に思えます。
[PR]

by looktothisday | 2009-05-15 21:16 | Yoga