疲れてるのかな?

変なカラーの夢ばかりみます。ひとつは、海の中にたつ朱色の鳥居と神社。私はその神社の石の階段を上っています。さほど疲れてはいません。途中で腰の曲がった小さなおばあさんに出会い、「まだ先は長いのかの~。登らないといけないのかの~」といわれるので、途中のレトロな売店でソフトドリンクで休憩しようかと思う。ちゅ~夢。

もう一つは一面真っ白な雪。友達と一緒で、彼女が「雪大好き!」と転がりまわるので、私も真似したら、雪は冷たくなくて、ふわふわで暖かいという夢。

夢占いでも調べてみたけど、反対の意味の結果もあったりで、よくわかんない。たとえば、鳥居や神社はそこと自分の結びつきやよい前兆とともあれば、疲れて神に救いを求めているというものも。階段は登ってたほうが、目標に近づいているというものもあれば、体力の低下をあらわすともあり、降りるほうは目標実現困難かと思えば、楽になるってのも。老婆はアドバイザーってのはどれもあって、さて、何を暗示してるのか。雪も良い知らせともあれば、欝ぽいとも。

ま、夢は夢です。できれば、フィンランドのコテージでサウナ三昧、ビール三昧。マッカラ、スモークサーモンつき・・・なんてのがいいんですけど!
[PR]

by looktothisday | 2008-06-05 20:25 | 日々思う事