The ticket to the seventh heaven

高校生の頃、友達と物語を書きっこして遊んでいました。テーマを決めたり、締め切りを決めたりしてですね。ふと、今朝そのことを思いだしたのですが、その一つのタイトルがこれ。"The ticket to the Seventh Heaven".主題はなんと、「捨てる」こと。

高校生の主人公が、毎日帰宅途中のがけで転んで、一つずつ、持ってるものを捨て去る、たとえば不美人コンプレックスとか。そして、そのことで、第七天国への切符を手にするという、妙な内容ですが、なんだか、この頃から、こんなこと考えていたのね、と思ってしまいました。そのほかも、「自己犠牲」、「万人の平等」、「偶然の一致がもたらす結果」なんて、テーマなんですよ。

なんだか、あまりに今とつながっていて、もしかして私はこのテーマのために生まれてきたのかしら?いや、相変わらずってことかいな?(笑)次女がちょうど、そんな年齢だけど、意外に深遠なテーマで生きていたりするかもと思ったりしました。
[PR]

by looktothisday | 2008-04-03 21:19 | 日々思う事