湯たんぽで低温やけど

ショック・・・・。ものすごく快適で気にいっていた湯たんぽで低温やけどをしてしまいました。もちろん、低温やけどに対する認識はあって、注意していました。湯たんぽは専用のカバーにいれて、厚手のタオルで巻いて直接触れないようにしていました。

それがですね、土曜の夜、お誕生日にいただいたボルドーを飲みすぎたまま、熟睡してしまったんです。で、日曜の朝、目をさまして靴下をはこうとしたときにチクッとしたんです。虫かな~、トゲかな~と靴下を確認するも何もなし。不思議に足のほうは、なんのチエックもしませんでした。そして、一日中、娘とカラオケに遊びに行き、なんのことはなく、帰宅。夜、お風呂からでてから、くるぶし付近にに水泡ができて、周囲が赤くなっているのに気づいたのです!もう、びっくりでした。

ネットで検索したら、いっぱい湯たんぽで低温ヤケドした人の話がでてきます。それも、くるぶし辺りが多いです。もともと、足の感覚は鈍く、湯たんぽ使う人は冷え症なので、気づかないので圧倒的に足が多いそうです。お年寄りや幼児に限ったことでなく、私のように酔った人も危ないそうです。低温やけどはゆっくりと時間をかけて、皮膚の奥までやられてしまいますので、みかけよりも重症化しているとのことで、私もさっそく皮膚科へ。水泡をピンセットでつぶされ、感染予防のクリームをぬられテープで保護。付け替えはは自分でOKだそう。水泡は1・5cmくらいで小さかったので、軽かったのかな?

やけどを見ながら、しみじみと思いました。なんか、私の人生の縮図みたいって。

以下独り言・・・

いいぞ、いいぞと調子に乗ると、ちょっとの油断で痛い目にあう。なんでもやりすぎる。注意をしてても、逃れられない。
でも、私でよかった。これが別の家族だったら、もっと大変なことになった。これでみんなに警告できる。
いやー。うまくできてる・・・。あー。でも、ショック・・・・

皆様も湯たんぽ使う時は、どうぞ気をつけてください。特に爆睡型のそこのあなた・・・・(笑)

PS ・家族はまた私がドジしたくらいにしか思っていませんが、低温やけどの恐ろしさを熱弁して引かれているとこです・・・
[PR]

by looktothisday | 2008-01-28 19:49 | 日々思う事