ヨーガ初め

月曜日が初ヨーガでした。私の先生は整体の勉強もされているので、年のはじめに身体の柔軟性を調べる簡単なやりかたをやってみました。肩、首の後ろ、前、背中、背骨、股関節、膝、足首、手首、指・・・というふうな感じです。私は首の後ろ、背中、肩が特に硬いようでした。昨年と違っていたのは、左右のバランスが良くなっていたこと、股間節がましになっていたこと、フラメンコで意識して動かしているせいか手首、指が柔らかくなっていたことかな。

以前は身体が柔らかくなったりして変化するのが嬉しくてたまらなかったのですが、今はアーサナはあくまで身体に負荷をかけてるだけで、方法であり目的でないことを認識しています。これもこの1年の変化でしょうね。

ちょうど整体は先生とペアになる順番でした。整体しながら先生から勉強会のことを聞かれました。多分、はじめてヨーガのつっこんだ話をしたように思います。先生は指導歴が30年近いのだけど、教え始めたころの話などしてくださって、とっても勉強になりました。最初は生徒さんにヨーガのことを色々教えたくて燃えていたそうなんですが、ある日、「宗教みたい・・」と引かれてしまい、「そっか、ほとんどの人はそうゆう目的で教室に来ているのではない」と気づいたそうです。30年前は教室の有り様も全く違ったそうです。私のようにもっと深くヨーガを学びたい人には先生の先生を紹介していたそうですが、今はもうその先生は高齢で教えていないとのこと。

まもなく60歳ということで、「30代、40代に深くやっていたほうがいいよ」と言われてました。そして、「ヨーガの勉強はもう果てしなく、きりがない」と笑われていました。いつも美しく、自然体で、去るものは追わず、来るものは拒まず・・・今の先生はもう長い間、ヨーガとともに生きてきたからなんだな、と思いました。

今年のヨーガ初めにぴったりの時間でした。
[PR]

by looktothisday | 2008-01-09 20:06 | Yoga