瞑想で見えたもの

生まれて初めて、ちゃんとした指導者のもとで瞑想の経験をしました。ひとくちに瞑想といっても、たくさんの種類、方法があるそうです。一般の方、初心者には「元気になるもの」、「気分がよくなるもの」をすすめるそうですが、今回は「必要なこと」を・・・。

勉強会に参加されてるかたは、次回が終わって読んでね。
テーマは・・・



「今までの人生で良心の声を聞いたときのことを思い出してください。」というもの。

20分間の瞑想が始まりました。私は小学校にあがる前くらい、中学校、大学時代、結婚前、そして現在と、悪行の数々が浮かんできました。そして、大ショックだったのが、どれだけ考えても良心の声が聞こえながらも、その声になんとか折り合いをつけてしまう自分。一度だって、その声のとおりに行動してない自分。ガーンでした。恥ずかしくて、瞑想をきりあげて帰ろうかと本気で思いました。20分間の長いこと、長いこと。
今まで自分は常に良心の声に基づいて、行動してきたと思っていただけに。

瞑想が終わり、先生が自らの経験を語ります。え~っ!先生も同じじゃないですか!良心の声を聞きながらも、言うことをきいてない話。そうか~。これで良かったのか・・・。こういう瞑想だったのか・・・。力が抜けましたね。他の人も同じよう。

帰り際に先生と目があったので、正直にこの気持ちをお話しました。
先生 「言うことをきけるときと、きけない時がありますからね。」
私 「でも、ひとつも言うことをきいたことを思いださなかったんですっ!」
先生、笑って 「でも、いいとこありますよ。ずっと、気にして忘れないで、悪かったって思ってるんだから」
この言葉で、すっかり救われました。(笑)

他にもいつも「妄想」で苦しんでいた自分に、気づきました。気づいてもどうしようもないこともありますが、こうやって、自分を、自分の生きてきた時間を、客観的にみたのは、初めてのような気がします。刺激は強かったですが、いい勉強になりました。

追記:この場合の妄想はよくない影響を与えるもので、「フィンランドに移住したい!」というような害のない妄想は含まれませんから。念のため!
[PR]

by looktothisday | 2007-10-19 20:52 | Yoga