離魂病

「オーラの泉」毎週楽しみに見ています。ゲストの普通みせない面が見れて面白いし、美輪さんはとてもためになることをおっしゃるし。信じる、信じないは別として、純粋にエンターテーメントとして楽しんでいます。

先週はKinki Kidsの堂本光一君。かなり霊感に強い方らしく、何度も不思議、いや怖い体験をされているらしい。そんな彼に江原さんが「離魂病」を指摘。なんでも、本人がぼ~っとしてる間に魂が身体を離れ、別の場所に行ってしまうのだとか。彼は、あるようだと認めていました。

これに似た体験、みなさん、ありませんか?
私はですね、はっきり覚えていることがあります。まだ長女が赤ちゃんだったころ、病気がちでして、その日も仕事に行く前に小児科を受診していました。そこで、赤ん坊抱いて、ふと時計をみたら8時40分。ちょうど、職場で朝礼が終わったころだな~って思ったのです。
受診後、長女を保育園に預けたか、誰か(仕事を休んでくれた母か義母か妹か)に預けたか記憶はないのですが、職場に向いました。そこで、上司に遅刻をわびて、事務所に帰ろうとすると、同僚が「今来たってウソでしょう?朝礼のあと、制服きてカウンターの前歩いていたよ」って不審な顔で言うのです。時刻はまさに、私が時計を見た時。いや~、ぞ~っとしました。ちなみに同僚はかなり霊感が強く、しょっちゅう色々な経験をしています。
他にも時々、そうかな~っと思った出来事はありましたが、こんなにはっきり確信したことはないですね。

そうそう、夢も時々あたりますね。おととい親友のSちゃんがメモをなくして一緒に探す夢をみたのですが、今日何気に聞いたら、その日は彼女のお母さんが大切なメモをなくし、必死で探したって。彼女とは、なんかいつも夢でシンクロしています。ちなみに、私は霊感は全然ありません。
[PR]

by looktothisday | 2007-07-17 22:19 | 日々思う事