ニューヨークの魔法使い

友達が「久しぶりにはまってしまった!」と、ハートマークの瞳で貸してくれた本。

「ニューヨークの魔法使い」シャンナ・スウエンドソン著

テキサスから出てきたミス平凡の主人公が、大都会NYで出会う魔法、魔法!はい、はい、本物の魔法使いのお話です。ハリーポッター+ブリジット・ジョーンズ+青い城(これはモンゴメリファンしか知らないと思うのだけど、ファンには人気の小説)という感じです。
元々、映画はラブコメ(たとえば、”Sleepless in Seattle”や、”While you are sleeping”みたいなの!)が一番好きで、笑えてロマンチックで、ちょっと胸が切なくて、最後はハッピーエンドが好きな私には、最高のエンターテーメントでした!
続編の「赤い靴の誘惑」も、これまた良かったですよ。映画化すると絶対うけると思うなあ~。特に魔法に憧れる「奥様は魔女」世代にも、ハリーポッター世代にも!それに、続編のほうでは、私までときめくシーンがあって、ひさ~しぶりに胸がきゅんとしましたよ。
アメリカでは、もう3作めもでたようで、頑張ってね、訳者さま!待ってます♪
これを読んでいたら、ニューヨークに行きたくなってしまったよ~。(笑)
[PR]

by looktothisday | 2007-07-07 16:40 | 日々思う事