そんな・・・

ショックなニュースでした。私の好きな作家でロシア語通訳の米原万里さんがお亡くなりになられたそうです。まだ、56歳。

書かれた作品のなかでは、とても豪快で大食家で、お元気そのもののイメージでしたので、まさか・・と思ってしまいました。闘病中であることは公にされていたそう・・・私が知らなかっただけのようです。

彼女の作品では「旅行者の朝食」と「嘘つきアーニャの真っ赤な真実」が特に好きです。ああ、もう彼女の作品が読めないと思うと・・・。共産圏だったプラハのソビエト学校で過ごした子供時代が彼女のその後の人生にあたえた影響の大きさ・・・あの聡明でばしっと歯切れのよい文章、計り知れない知性、そして笑わずにはいられないとこをついてくる鋭さ。本当に残念です。あのような女性です。きっちり、自らの生を最後まで生き抜かれたことと思います。心からご冥福をお祈り申し上げます。
[PR]

by looktothisday | 2006-05-29 23:24 | 日々思う事