SLow Flow Yoga in Fukuoka

博多どんたくでにぎわう福岡市に行ってきました。どんたくのパレードや踊りに参加する人達のメーク、ヘアスタイルにぎょっとしながら、お祭り気分を楽しんできました。
一瞬フラメンコの音楽が聞こえたので、人ごみを掻き分けてステージに近付きましたが、たどり着いたとこで、終了。ざんねーん!!!

でも、ほんとは私は今日はどんたく目当てではなく、slow flow 福岡でその名も「slow flow yoga」のレッスンを受けるために、天神まで出てきたのでした。講師は原田ヨーコ先生。雑誌やHPのサイトの写真から、すごく若くてキャピキャピ系の方だと思っていたので、更衣室でご挨拶した時も、わからなかったくらいです。落ち着いた雰囲気で、親しみやすい、美しいオーラにつつまれた方でした。

今日のテーマは、呼吸をしながらフローしていくこと。呼吸の仕方やどこで吸ったり、吐いたりするかに気をとられることなく、”自分自身と呼吸”に集中すること。レッスンの前に本屋さんでさんざん、母の日のプレゼント用の本選びで疲れていたので、肩がガチガチで、全身がかたーくなっているのが自分でもよくわかりました。なので、最初はゆっくりと呼吸することさえ、難しく感じました。

このヨガは、ヨガを始めようとする方の、とっかかりとして、あまり種類にとらわれることなく、一番大事な呼吸と共に動くということを目標としているということです。ヨーコ先生自身も、色々なヨガを勉強されているとき、ふと、この大事なことに気付いた瞬間があったそうです。
なので、特別なスタイルのヨガというわけではなく、ケン先生が監修されてますので、アシュタンガがベースですが、初心者用にアレンジされている・・・みたいな感じでしょうか。アシュタンガはハード過ぎて、という方も気軽に始めてみるのもいいかもですね。

レッスンはDVD全てを紹介するということでなく、ヨーコ先生流のチョイスで進められました。ハードすぎず、楽すぎず。最後のシャバサナの時、スタジオを暗くして、ブランケットをかけて目を閉じていたら、不思議な感覚が・・・・目の前の暗黒(オーゲサですが)が、ふわーっと私を包んで、宇宙に浮かんでいるような感じ。私は、この感覚は初めてだったので、少々うろたえてしまいました。(笑)内藤景代さんの瞑想の本に、おーごとになった話があったもんで。20年以上前のシャバサナの時に一度だけ、自分と大地が一体化してる感覚を味わったことがあって、その魅力にとりつかれて今もヨガをしているわけなんですが、おいおい、今度は宇宙的!

なんというんでしたっけ、「チーン」となる音。あれで、地球に戻れました。(笑)
で、最後にほんとに気持ちよく呼吸できてる自分に気付きました。ステキなレッスンでした。ヨーコ先生ありがとうございました。
[PR]

by looktothisday | 2006-05-04 18:29 | Yoga