すべての恋は終わる・・・

40代も半ばにさしかかろうとしているのに、あまりにも陳腐な事実に、初めて本心から気づいて、なぜなんだろうと・・・。

なんで、あんなに仲の良かったカップルが結婚したとたん、大ゲンカの毎日なのでしょう・・・大好きだった人が、いきなり「うざく」なってしまうの?どんな小さなことでも知りたかったのに、「もういいから、あんたの話は・・」みたいに、どーでもよくなるの?それどころか、顔を見るのもいやになっちゃうの。

「恋は遠い日の花火ではない」というウイスキーのCMが流行ったころ、今日のタイトル「すべての恋は終わる・・・」ということを作家の林望氏がエッセイで書いていました。結婚という形をとって「終わる」恋もあると・・・いずれにしても、「恋は終わる」と。その頃は、「いーえ、そんなことはありません」と鼻息荒く思っていたのだけど、ちょっぴり自信がなくなってきています。(笑)確か、その後の話の展開は、しかし愛は永遠・・・だったような気もするのだけど。

恋とは関係ないけど、次女は友達はたくさんいるのだけど、特に仲のよい友達は、いまだいません。ちょっと心配だったので、尋ねてみると、「どんなにいい子でも、付き合っていくうちに、必ず、嫌なところが見えてくる。だからといって全面的に嫌いになるわけではないの。だから、みんな、嫌になりすぎないように、ちょっと距離をおいている」とのこと。それは中学時代までで今後は変わってくるかもしれないけど。明確な答えに、私とは違うなーと思ってしまいました。長女の場合は私と似ていて、数は少ないけど結構長く深く付き合う感じかな。

恋も、あまりのぼせすぎず、ゆーっくりと一生涯あたためていくわけには、いかないのかな。それとも、ぱーっと燃えて一緒になって、あとは、キャンドルの灯りのように、ゆらゆらしながらも消えずに、二人の最後のときまで一緒に過ごす。

「好きな人がいない夢」を見てうなされてしまうほど、いつも誰かに恋しています。(笑)「かもめ食堂」じゃないけど「人は変わっていくもの・・・」と悟った以上、やっぱり「いい感じ」に変わっていき、たとえ恋が終わっても、次は「いい感じの関係」を築いて行きたいと思う今日この頃です。
[PR]

by looktothisday | 2006-04-17 23:00 | 日々思う事