ウオッカのお湯割

ヨガを再開して変化したことの一つに、あまりお酒を飲みたくなくなった・・・ということがあります。夏は断然、ビールでしょ、冬は焼酎のお湯割、春秋はワインと年中飲んでたんですけど。(毎日じゃないですから。念のため・・・笑)で、気づくと冬はいつも常備してある麦焼酎をきらしていました。おお、画期的!

そこでふと手作りマウスウオッシュ用に買っていたウオッカに目がいきました。カクテルのベースに使われていたものしか飲んだことがなく、ストレートでは、どんな味か知らなかったので、ちょっとワンショットいってみました!

こ、これは、ほとんど味がしない・・・どちらかというと甘く、まったりした感じ。思い切りマイナスの世界でも凍らない不思議な液体。ウオッカの語源はロシア語の「水」。米原万理さんの「ロシアは今日も荒れ模様」によるとアルコール度数は41度でもなく39度でもなく40度でなくてはならないらしい。一番おいしいんだそう。このような度数なので、私には一口で十分でした。

でも、なんか飲みたいなあ・・・という気分だったので、焼酎と同じ要領(焼酎よりはかなり少なめのほうがよろしい・・・でないとぶっ倒れます)でお湯割にしてレモン汁をいれてみたら、あら、おいしい!これって、邪道なのかしら?はまりそうな予感が・・・
[PR]

by looktothisday | 2006-02-27 23:05 | 日々思う事