Yin Yoga

雅子さんに教えていただいた陰ヨガの本"Yin Yoga"by Paul Grilleyがやっと届きました。思ったより分厚くなく英語も身体の部分をさす単語を調べるだけで、(普段の会話では大腿筋とか腱とかあんまり使いませんもんね。)言い回しは簡単だったので、すぐ読めました。私の英語力では、ここに内容を正確にご紹介するには膨大な時間と努力が必要ですので、とりあえず理解できたことと感想を書いておこうと思います。

ヨガにも色々な種類があって、今は日本ではパワーヨガ、ホットヨガなどに人気がありますよね。運動量が多く、汗をたっぷりかきデトックス効果大というようなヨガは、この本によればYan Yoga「陽ヨガ」。で、陰ヨガはじっくりと3分から5分ひとつのポーズに深くはいりこむことによって、身体の深部にまでChi「気」を送り込み、眠っているパワーを解放していく・・・ことのようです。ヨガの各ポーズにも、陰陽があり、それをうまく組み合わせることで身体のバランスがとれていくというものです。陽のポーズはホールドは短めです。

各ポーズも写真つきでわかりやすく説明してあり、初心者から上級者までできるようになっています。毎日の練習のサンプルプランも3つほど紹介してあって一つ目は陽ヨガ的要素の強いプラン、二つ目は陰ヨガ、3番目はそのミックスですね。ひとつの全部プランをじっくりやると、2時間くらいかかるんではないでしょうか。もちろん、早めにきりあげれば、もっと短いとおもいますけど。

さっそく練習してみました!!とりあえずButterfly,Half butterfly,Forwardbendなどを。 陽ヨガよりもホールド時間が長いため、最初は気持ちがいいのですが、だんだんと、いつもにはない不思議な感覚がやってきます。おいおい、まだ3分ならないの・・・きついよ・・・いう感じと、いつまでもこうしていたいような安心感。これは、いわゆるこの本がいう陽ヨガでは味わえない感覚ですね。好きかもです。できたら、ステキな音のヨガ用アラームが欲しいなあ。だって、どれくらいホールドしてるかわからないもん。DVDもでてるようだけど、amazonでは売ってないみたいだし。

で、著者のHPを見ていましたら、なーんとオレゴン州のアッシュランドにお住まいではないですか!ここは私の大事なお友だちが9歳まで住んでいた町、そして今のとこからも15マイルほどの場所なのです。7月にはWSがそこで開催されるそうです。今年はヨガマウイリトリートと決めていた私の心がゆれています。なんだか、またその場所に引っ張られる感じとつながる感じで。まだ時間がありますので、ゆっくり考えたいと思っています。
a0042393_16194399.jpg

[PR]

by looktothisday | 2006-02-04 16:21 | Yoga