新しい習慣

昨年10月のインドアーユルヴェーダ研修旅行後に始めたことが幾つかあります。
アーユルヴェーダ的な生活のうち、自分でもできそうなことです。

①まずは朝起きたら、しっかり自分の顔色や肌の状態を調べる。タンスクレーパーでアーマ(アーユルヴェーダでは未消化物。全ての病気の原因となると考えられている)のお掃除。つまりは、舌をお掃除ですね。朝、舌にあらわれる汚れは唯一目にみえるアーマだそうで、10時ごろにはまた身体にもどってしまうのだって。口がさっぱりします。

②オイルマッサージ これはインド人ドクターにすすめられたもの。私は太白ゴマ油をネットで購入して、キュリングして使っています。正しいやり方かどうかわからないけど、一応、何冊かの本を参考にやっています。
油をぬることはスネーハといい、サンスクリット語で「愛」というそうです。インドに行く前は、身体に油をぬれば、お肌にはいいだろうな・・くらいしか思っていなかったのですが、本当に深い。乾燥をふせぐだけではなくて、ヴァータを静めるので、気持ちが落ち着き、不安感がおさまる気がします。更年期真っ只中の私にはぴったりです。更年期には違いありませんが、今のところ、更年期障害はないですね。
関節が乾いた音がしていたのですが、少し、減ったような。乾燥=老化。うむ。セルマッサージはかなりの効果が心身ともにあると思います。

③身体を暖かく保つ。これは旅行でご一緒した方の紹介で、靴下を重ねばきする「冷えとり健康法」です。足元を暖かくしていると、上半身は薄着でもあまり寒さを感じません。足先が冷えて眠れないということもなくなりました。

④足湯=ソクトウ これも旅行でご一緒した方から教えていただきました。体中がポカポカします。

⑤白湯を飲む。10分から15分ほど、やかんのふたをあけて沸騰させたものです。白湯は、水(カパ)、火(ピッタ)、風(ヴァータ、沸騰させることで)が含まれたとても優秀な飲み物なんだそうです。慣れると、甘い味がして、身体が浄化される気がします。

⑥歩く ReebokのEasytoneを買ったので、週に1回ですが始めたとこです!
脚、お尻を鍛えるそうで、私は右脚の裏が長く歩くと、痛くなりました。うっ、脚にきました!脚に!と、自分で実況中継したとこです。

まあ、こんな感じです。努力してることもあるけど、習慣になり始めたものはこれくらいかなあ。

まだまだ始めたばかりで、なぜか、体重が減らないのが気になりますが、体調はいいようです。心のあり方が、いいほうにむかっているような。

もちろん、ヨーガのアサナ、呼吸法、瞑想は欠かせません!
いつまで続くかわかりませんが、経過報告でした。
[PR]

by looktothisday | 2012-01-14 22:47 | Yoga