アーユレヴェーダ的生活

インドから帰って、アーユルヴェーダの本だけでも、もう3冊読みました。

アーユルヴェーダ的な生活、完全には無理ですが、出来ることだけでも実践しています。

ご存知のように、ビールはなるべく飲まない。

白湯、一日に600mlから800mlは、主に食事とともに飲む。

白湯は、お湯を沸騰させて、10分から15分、沸騰させ続けます。そうすると、本当に甘く感じるおいしい白湯の完成です。消化と浄化を助けるそうです。

去年はまずく感じましたが、今年はハチミツをまぜたよう・・・

朝おきたら、アーマ(未消化物)がでるという舌のお掃除。

22時には就寝、6時には起きる。

私はヴァータ体質なので、ゴマ油で、オイルマッサージ。ゴマ油というと、「えっ!!」と皆さん思われるのですが、太白ゴマ油という特別なもので、キュアリングで一度沸騰させて用います。さらっとしていて、べたつきもなく肌はとてもいい感じですよ。少なくとも、乾燥による痒みや粉をふくということは全くないです。この香りがインドでオイルマッサージを受けたときと同じで、なつかしいというか、すごく効いてる感じがします。

そして、瞑想。この効果はアーユルヴェーダでも同じ考え・・・。

まだまだですが、無理をせずに、少しずつ日常生活に根付くように、努力していきたいです。

無理をしないというとこが、とっても大事と思う今日この頃・・(笑)

インドの先生に処方していただいたハーブのお薬も、とても調子がいいので、コンタクトをとってお願いして送っていただくようにしました。続けてみようと思います。
[PR]

by looktothisday | 2011-12-07 21:31 | Yoga