アトラヴェルシアーモ

「食べて、祈って、恋をして」観てきました。原作が良かったので、前売りを買って、封切りの今日出かけるという力のいれよう。(笑) 一人で行くつもりだったけど、次女も・・・というわけで。さすがに次女のいう「お母さんの組合の人」風もチラホラ。(←ヨーガしてるっぽいという意味です)そして、女性お一人様が多かったです。前売りにはエコバッグが特典でついていました。ちょっと可愛いです。
a0042393_22275323.jpg

映画はわりと原作に忠実で、心に残っていたセリフが随所に散りばめられて、音楽も好みだったので楽しめました。本当は主人公の心はもっとズタボロだったと思うけど、映画なのであれくらいの表現で良かったのかも。
次女はいつものように居眠り。しかもインド編で。多分私に付き合ってくれたんだろうなあ。(笑)
そして象徴的にでてくるこの言葉。
アトラヴェルシアーモ
イタリア語で「渡りましょう」なんだか私も日常的に使いたくなったのでした。いい響きよね~。
[PR]

by looktothisday | 2010-09-17 22:40 | Movies