旅の記憶

「食べて、祈って、恋をして」を読んでいて、最初の地、イタリア編がやたら食欲を刺激します。パスタ、ピザが食べたくなる~。去年、イタリア旅行でフィレンツエ自由行動あったのにな~、その世界一おいしいピザ食べたかったぞ~!

でも、ふと考えるとイタリアの記憶って、本当に薄い・・・。ツアーだったので、イタリアというテーマパークをバスで駆け巡った感じ。実際に言葉を交わしたイタリア人って、バスの運転手さん&お店の店員さんくらい。ひとつ、ひとつの観光地もラクチンに辿りつけて、あっという間に終了。覚えているのは、ツアーで一緒だった日本人とカプリの青い海くらい・・・。

それに比べて、3年前のスペインは、いちいち、空気感まで覚えいて、「。。だったよね~」と次女に言うと、長女から「それはスペイン」と注意される。やっぱり旅は、自力のほうが苦労はしても身になると実感しています。おいしいものも断然スペインだったものなあ。

この本の主人公のように1年かけて、3カ国で生活するなんて、いいだろうなあ。旅ではなくて「住む」。でも、移住まではいかない・・・。どこの国にしようか・・・。この妄想はいいです。嵐のメンバー、福山雅冶、藤木直人、向井理に同時にプロポーズされたら、どうする?これもいいです。(笑)
[PR]

by looktothisday | 2010-08-27 21:12 | 日々思う事